ABOUT

パキポ実生

金成コーデックスは、田舎暮らしサイト「おしえて!田舎センセイ!」の管理人が、趣味のコーデックス栽培をこじらせすぎたために誕生したサイトです。

元々は当該サイトで園芸カテゴリーの1つとして運営していましたが、コーデックス栽培に関する記事の割合があまりにも増えてきたために独立させました。

twitterではヤギのアイコンの田舎センセイが田舎暮らしとコーデックス栽培に関してツイートする共同アカウントとなっていますが、インスタグラムに関しては金成コーデックスのアカウントがあります。

コーデックス栽培と言っても、私は自生地から輸入した株(現地球)を栽培するのではなく、種子から育てる「実生」をメインにしています。

そのため、サイト内の情報は主に

①コーデックスの実生栽培記録&実生方法
②栽培環境と機材、用土、肥料、鉢などの資材の紹介
③コーデックスのトラブル・病害虫対策

などです。

コーデックス栽培に関してはまだまだ素人の域を出ていないので、私が試行錯誤した内容や失敗経験などもあわせてご紹介するので、同じように実生を楽しむ方々の参考にしていただいたリ、情報交換の場になれば嬉しく思います。

なぜ現地球ではなく「実生」なのか

実生オベサ
個人的にはインスタなどでフォローしている愛好家さんたちの巨大な現地球株も物凄い魅力的なのですが、私は現地球株は一つも持っていません。

現地球ならではのどっしりとした形状はコーデックスの醍醐味でもありますが、私は種から育てる実生株の方が愛着も湧き、栽培していてなんとも言えない楽しさを感じています。

そう、コーデックスの実生栽培は「楽しい」んです!

そもそもコーデックスが種から育てられるとは知らなかった

アデニウム
私のコーデックスとの出会いは、2014年頃に砂漠のバラとも呼ばれる「アデニウムアラビカム」を衝動買いしたことから始まります。

その時は観葉植物の1つとして物珍しさから購入したのですが、不勉強ゆえに1~2か月後に根腐れで枯らしてしまいました。

「水やりを欠かさなかったのに何故枯れてしまったんだろう」と、当時の私は不思議だったのですが、今なら「水やりを欠かさなかった」がダメだと容易に分かります。

それから数年経ち、子供も生まれ、田舎に移住し、さぁ何か趣味になるものを始めようと思った時に、その当時のリベンジとしてアデニウムについて調べたのが「実生」への入り口でした。

もう一度アデニウムを購入しようと探していたら、種が売られているのを見つけたんです。

「えっ、あの砂漠に生えてる奇怪なごつい植物が日本でも種から育てられるの?」

種を見つけた時はそんな感想だったと思いますが、すぐに購入して育て方をネットで調べて見様見真似で発芽に挑戦しました。

その時は5粒購入して、最終的には2つしか発芽に成功せず、その2株も途中で枯れてしまったことを覚えています。

そこから本格的に実生にのめり込み、アデニウムからユーフォルビアを経て、パキポディウム、アガベの実生栽培に手を出しはじめ、最近では「珍しいコーデックスの種を見つけたらとりあえず購入してまく」という、種まき中毒者になってしまいました。

コーデックスの発芽・幼苗管理はとても手間がかかる

実生
このサイトでは種から育てる方法をメインに私が試行錯誤した方法を載せていますが、それをご覧いただくと分かる通りコーデックスの実生栽培は手間がかかります。

元々はアフリカやマダガスカルなどの、日本とは全く気温も湿度も季節感も違う場所に自生している植物たちなので当然ですよね。

でもなかなか上手くいかなかったり栽培に手間がかかる分、発芽した時の喜びはひとしおです。

たとえ上手く発芽させられなかったり発芽後の生育状態が思わしくなくても、「土が悪かったんだろうか、そうだこの土を今度はこれに替えてみよう」とか「温度変化が小さくなるように園芸用ヒーターで加温してみよう」「植物用LEDライトを購入してもっと日照時間を確保してあげよう」などと頭を悩ませるのも楽しい時間になっています。

コーデックスの実生栽培をやろうと思う人は、きっと凝り性で、時間がかかることもじっくり楽しむことができ、発芽などのわずかな変化を喜ぶことができる人なんだろうなと思います。

ちょっとした環境の変化でしぼんだり根腐れしてしまうコーデックスは、手がかかるので毎日のように眺めるようになります。すると、「昨日までは無かった成長点が出てる!」とか「幹が太くなった気がする」とか些細な変化でめちゃ幸せな気持ちになれます。

あと、正直な話「現地球は高価」というのも大きな理由ですが、わざわざ自生地から採掘して根を整理し、環境の違う日本にまで送ってきたものを購入するよりも、採取された種子を国内で発芽させる方が自然にもいいだろうとは思っています。

珍しいものや数が少ない貴重なものはその希少性から価格が高騰し、需要も高まるので大きなビジネスになることがありますが、こと種の保存に関していえば問題になることも少なからずあります。

当サイトでは「わざわざ現地球を購入しなくても種から育てることもできるよ!楽しいよ!」という事をお伝えできれば本望です。

このサイトを通じて

できれば多くの人にコーデックスの実生栽培に興味を持ってもらい、当サイトの情報を通じて「可能な限り失敗をせずに誰でも気軽に実生栽培を楽しむことができる」ということが実現できればうれしいです。

とは言っても、私自身もまだまだこれから学ばなくてはいけないこともたくさんありますのでここでご紹介している方法が間違っていることもあると思います。

そんな時は、読者の皆さまからも有益な情報をいただきながら、自己研鑽に努めていきたいと思いますので、是非お気軽にメッセージやコメントをいただけますと嬉しいです。SNSでも是非気軽に絡んでくださいね。

実生栽培方法のアンケートを実施

コーデックスアンケート
私がここのサイトで載せている育て方の情報などは、雑誌やSNS、個人ブログや海外の論文などから得た情報を元に、自分で実践したものがほとんどです。

園芸、特にまだまだ情報の少ないコーデックス栽培などは、多くの諸先輩方の試行錯誤や失敗をもとに得られた経験が伝えられているからこそ、失敗少なく実生を楽しむことができていると思います。

そしてネットで情報を得られるようになった今だからこそ、アンケート形式でコーデックスの実生栽培愛好家の皆さんの経験をご回答いただき、その結果をだれでも閲覧できるようにすることによって、これから実生栽培を始めようと思っている方が疑問に思いそうなポイントについてのデータを集めて、客観的な「集合知」としての情報を提供できればいいなと考えるようになりました。

植物(生き物)相手の事なので、正解は無いことが多いと思いますが、皆さんが実践している方法をアンケートにご回答いただいて、自分では思いもよらない方法があることに気付けることができればいいなと思います。

まだこれから実生栽培を始めようと思っている方も、アンケートに回答せずに回答結果だけを閲覧することも出来ますので、是非一度アンケートを覗いてみてください。

もしすでに実生栽培を行っている方は、是非ご回答いただき、シェアをしていただけますと嬉しいです。

コーデックスアンケート
コーデックス栽培アンケート【パキポディウム実生栽培技術編】コーデックス栽培・園芸愛好家の皆さまに「パキポディウム実生栽培」に関するアンケートを実施しています。園芸技術は諸先輩方の集合知であり、皆さまが行っている方法をアンケートにてご協力いただくことで有益なデータとして扱えると考えています。解答欄の閲覧だけでもOKですので、是非ご覧ください。...

最後に

コーデックス栽培と同じように、当サイトのことも長い目で見ていただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。