オペルクリカリア/Operculicarya

Operculicarya decaryi/オペルクリカリア・デカリーの育て方【実生栽培記録】

オペルクリカリアデカリー実生

オペルクリカリア・デカリー(Operculicarya decaryi)は、マダガスカルに自生するウルシ科のコーデックスです。

オペルクリカリアと言えば、コーデックスの王様「オペルクリカリア・パキプス」が有名でとても人気がありますが、種子の流通量はデカリーに比べると極端に少なく、かといって現地球株は手が出ないほど高価。

そんなこともあって、私はいずれはパキプスの種子を手に入れて実生栽培を行いたいと思っていますが、手始めに比較的流通量の多いデカリーの種子を購入し実生栽培を行ってみることにしました。

※内容は一部「おしえて!田舎センセイ!」のコーデックスカテゴリー内の記事と重複していますが、実生記録はこちらの金成コーデックスの記事の方で更新していきます。

オペルクリカリア・デカリーの種子の購入

オペルクリカリアデカリーの種
オペルクリカリアデカリーの種子は、オペルクリカリア属の中で最も流通量が多いので入手はそこまで難しくありません。

【種子の購入先】 Koehres, Germany
【種子の購入個数】20粒
【種子の購入時期】2019年2月

種子の購入はドイツの「Koehres(ケーレス)社」です。

検疫手数料などを除いて10粒で2.2ユーロ(約278円:2019年3月15日時点)でした。そこまで高価な種子ではないですね。(※検疫手数料などを加えると国内で購入した方が安上がりになる場合もあります)

日本で購入する場合はこちら

オペルクリカリアデカリーの種子の特徴と下処理(果肉の除去)

デカリーの種子
オペルクリカリアデカリーに限らず、オペルクリカリア属の種子は購入先によっては種の周囲に乾燥した果肉が付いていることが多いです。

デカリーの実生を行っている方の記事などをみると「カビてしまった」という報告が多くありましたので、私は通常通りメネデール&ベンレート希釈液に半日種子を浸した後に不織布などでふやけた果肉をぬぐい取ってから撒きました。

そのおかげか播種した種子はいずれもカビることはありませんでした。発芽率への影響は不明ですが、カビの事を考えると果肉は取り除いてしまった方がいいように思います。

オペルクリカリアの種子がカビやすいことはこちらでも触れました。

パキポディウムのカビ
コーデックスの種のカビ対策|種まき用土と種子の殺菌処理の方法コーデックスを種から育てるときのポイントに上がるのが「カビ対策」です。 パキポディウムやアガベ、オペルクリカリアなどはカビやすいの...

デカリーの種を蒔く~発芽

オペルクリカリアデカリー発芽
オペルクリカリアデカリーは夏型のコーデックスなので、3~5月が種まきの適期となりますが、私は少し早い3月上旬に播種したためか発芽はわずか3粒(20粒中)とかなり悲惨な結果になってしまいまいました。

【発芽率】 3/20(15%)
【発芽観測】播種から5日後
【用土】  硬質赤玉土:バーミキュライト=1:1
【播種】  3月上旬

これは我が家の環境(東北北部で3月はまだまだ寒い)ことが影響していたと思いますが、ヒーティングで温度を保ちながら行っていても効果は薄かったようです。

オペルクリカリアの発芽率はかなり低いと聞いていたので、半分くらい発芽すればいいなと淡い期待を抱いていましたが全然ダメでしたね。またリベンジする予定です。

デカリーの種子は嫌光性種子!?

個人的な推察ですが、種子の周囲に果肉が付いているタイプの種子は鳥などに食べてもらって周囲の果肉を消化させてから、糞と一緒に地面に落ちて発芽するメカニズムだと思っています。

という事は、発芽に関しては果肉はいらないし、嫌光性種子のように思います。

覆土したバージョンと土の上にのせただけのバージョンで試しましたが、発芽したのはいずれも覆土した方だった(※試した数が少ないので誤差の範囲として参考値扱い)ので、嫌光性種子寄りだと考えていいかもしれません。

播種1か月後に幹の木質化スタート&腰水終了

デカリー
3本あるうちの真ん中のデカリーは一番最初に発芽した子で、遮光や高湿度環境が他の2つよりも長く続いてしまったためにやや徒長してしまっていますね。

種まきから1か月が経過した頃に、幹の木質化がスタートはじめたので腰水をやめて鉢上げしました。

デカリー塊根
僅か1か月でそれらしいおイモができてきたので、期待を寄せつつもうしばらく土の中で大きくなってもらえるようにしっかりと覆土して植え替えました。

実生2か月目:LEDライトのせいで葉が黒ずんできた?

デカリーの葉
デカリーが発芽して2か月ほど経過して、生長はしばらく順調だったのですがある時点で少し成長に陰りが見えてきた感覚と、やや「葉が黒ずんでる」という様子が見られるようになりました。

本来オペルクリカリアは日光を好むので、葉焼けしない程度に日光によく当てた方が成長すると書籍などにも書かれています。

この時はまだ日光に当てることはせずに植物育成用のLEDライトを照射していたので、日照時間的には十分確保できていると思い込んでいたんですが、葉の色が黒っぽいのは何かおかしいと思い、思い切って日光にがっつり当ててみることにしました。

実生3か月目:日光に当てたら葉の色が明るい緑に戻る

 

この投稿をInstagramで見る

 

金成コーデックスさん(@kannaricaudex)がシェアした投稿


どうやらデカリーの葉の変色は、直射日光が不足していたようで、かなり暑い日に直射日光下にしばらく置いておいたら2~3週間で色が明るい緑色に戻り、新芽が新たに出てきました。

デカリー
これは新芽が伸びたから緑なのではなく、黒ずんでいた葉の色が明るい色に変わってこの色になっています。

まとめ

デカリーの実生記録は引き続き更新していきます。

オペルクリカリアデカリーの実生株を探す