コーデックス&多肉

Euphorbia inermis/ユーフォルビア・イネルミス(九頭竜)の育て方【実生栽培記録】

イネルミス

ユーフォルビア・イネルミス(Euphorbia inermis)は和名「九頭竜」と呼ばれる、タコモノユーフォルビアの代表的な品種です。

九頭竜という事は「ヤマタノオロチ」でしょうか? 何とも中二病をくすぐるようなネーミングで、成長するとその名にふさわしい株になるので人気があります。

私はタコモノが結構好きなので色々集めて実生をしていますが、その中でもイネルミスは最初に実生をしたタコモノユーフォなので愛着があります。

本記事では、種子の購入から実生栽培の現在の様子までをご紹介いたします。

ユーフォルビア・イネルミス(九頭竜)の種子の購入

イネルミス

【種子の購入先】 多肉植物ワールド
【種子の購入個数】7粒
【種子の購入時期】2018年11月

種子の購入は多肉植物ワールドです。

九頭竜の種子
イネルミスはメルカリなどを探せば種子とあまり変わらない値段で実生株が売りに出されていることが結構あります。

数あるタコモノユーフォルビアの中でも、一番流通量が多いと言ってもいいかもしれません。ただ、逆に種子の出品の方が少ないので、どうしても種子から育てたい人でなければイネルミスの入手は容易だと思います。

私は実生マニアなので「とりあえず種子を購入」ってことで始めました。

ユーフォルビア・イネルミス(九頭竜)の実生栽培記録

実生半年【2019/4/15】

イネルミス実生
イネルミスは何故か種まき直後と発芽後数ヶ月分の写真がゴッソリとなく、遡ってみてみるとすでにてっぺん部分から分枝してきている株が一番古い写真でした。

実生してから半年とは言え、真冬直前に播種したので半年経過してようやく成長期に差し掛かったかなという所ですので、まぁこんなもんでしょうか。

【発芽率】 2/7(28%)
【発芽観測】播種から5日後
【用土】  ゴールデン粒状培養土:日向土=1:1
【播種】  11月上旬

発芽率はめちゃくちゃ低く、2つしか発芽しなかったのですがそのうちのひとつが順調に成長してくれています。

やはり種をまくタイミングは大事ですね。

実生8か月【2019/6/20】

イネルミス実生
実生8か月目になると分枝した「足」がやや伸びてきて、タコモノユーフォルビアたる片りんを見せ始めました。

暑さにも強く初夏の直射日光でも全く葉やけなどすることなく過ごしていますし、水切れもそこまで神経質にならなくて良さそうなので、しぼみやすい他の植物の水やりタイミングに合わせて週1~2回程度のペースで水やりをしています。

実生10か月:植え替え【2019/9/4】

イネルミス植え替え
実生期間が10か月と少し経過し、大分成長してきたのでプレステラからミニ蘭鉢に植え替えを行いました。

created by Rinker
¥510
(2019/11/20 18:35:15時点 楽天市場調べ-詳細)

用土は「硬質赤玉土:日向土:ゼオライト=5-4-1」の割合で排水性重視でつくり、肥料分は窒素分を抜いてカリ&りん酸をメインに、冬越しに向けた株作りを目指して秋ごろから与え始めました。

肥料を与えるタイミング
コーデックス栽培における肥料の与え方|NPKのバランスとタイミングを考察するコーデックスを栽培していて、枯らさずに1年を通して栽培できるようになれば、次に気になるのが「いかに大きく好みの形に仕立てるか」だったり「...

思っていたよりも生長が遅いので、今年は室内の簡易温室でLED照明を使って管理します。

まとめ

タコモノユーフォルビアの代表格「九頭竜」の実生栽培記録をご紹介しました。

生長速度は遅いので、もしタコモノユーフォルビアの栽培を早く楽しみたい方は、そこまで高額ではないので種子ではなく実生株をメルカリやヤフオクで購入する方が良いかもしれません。

本記事では、イネルミスの実生栽培経過を今後も定期的に更新していく予定です。

ユーフォルビア・イネルミス(九頭竜)の実生株をお探しの方はこちら

created by Rinker
ノーブランド品
¥3,500
(2019/11/20 12:47:30時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,097
(2019/11/20 14:43:28時点 楽天市場調べ-詳細)