プラティケリウム/Platycerium

ビカクシダの胞子培養挑戦記録|Platycerium alcicorneを胞子から育ててみる

Platycerium alcicorneの胞子

こんにちは、金成コーデックスです。

当サイトは実生栽培をメインで行っている様子を公開していますが、種はまけども胞子はまいたことがありませんでした。

ひょんなことから大学時代の友人にP. alcicorneというビカクシダの胞子をいただいたので、胞子培養に初挑戦してみました。

本記事は、私のビカクシダの胞子培養の挑戦記録です。

胞子培養は長期間のチャレンジのため記事は随時更新する予定でおりますが、結末が成功となるとは限らないのであくまでも参考程度にご覧いただければと思います。

ビカクシダの胞子培養挑戦記録

胞子培養の下準備【2020/10/29】

 

この投稿をInstagramで見る

 

金成コーデックス(@kannaricaudex)がシェアした投稿


上のInstagramは友人から届いた直後の胞子の状態です。葉先にびっしりとこびりついているのが分かりますね。まずはコレを何とかする必要があります。

胞子培養初心者の私はこの時点で「さて、どうしたものか」と手をこまねいていたので、Twitterで知識を募った所、たわし集め(@tawashiatsume)さんより沢山コツを教えていただきました。


初期の葉から胞子を取り出して培地に蒔くまでの過程を具体的にご教授くださいました(ありがとうございました)ので、その通りにまずは「葉から胞子を外す作業」を行いました。

胞子葉から胞子を外す

Platycerium alcicorne
この工程に関しては、葉ごと袋に入れて放っておけば乾燥した胞子が解き放たれるのですが、たわし集めさんによると私がいただいたP. alcicorneは鱗片が多いのでスプーンでこそぎ落とした方が良いそうです。

教えていただいた通りにスプーンを使ってゴリゴリと胞子をそぎ落とします。

Platycerium alcicorne
とれました。

Platycerium alcicorne
胞子と言っていますが、茶色い色をした殻のようなものは胞子ではなく、その中にある黄色い色の胞子だけを取り出したいので、そぎ落とした胞子を保管して乾燥させ、胞子を放出させる必要があります。

Platycerium alcicorneの胞子
マクロレンズで寄って見てみると茶色い殻のようなものと、その中から飛び出した黄色い胞子、白っぽい埃のようなものが見えます。

おそらくこのこそぎ落としたものをそのまままいてもダメじゃないとは思うのですが、胞子を取り出すために乾燥させる必要があることを考えると、やはり殻にくるまれたまま湿った培地に載せても萌芽率が下がりそうな気がしますよね。

胞子とそれ以外の不純物を分けるためには封筒に入れて保管しておくと良いそうで、数日経過して上手く黄色い胞子がとり出せていたら、トントンと封筒を叩けば胞子とそれ以外が分けやすくなるようです。

封筒封筒
胞子葉2枚分の胞子をこそぎ落として、封筒に入れました。この後1週間から10日ほどかけて乾燥して、胞子が出てくるまで待ちます。

胞子を培地に付着させ培養開始【2020/11/7】

具体的な手順に関しては上記のツイートの流れ通りです。

胞子培養は「無菌」が命。使用する道具や手指の殺菌を怠ると、胞子が育つ前にカビや藻、苔などが繁殖してしまって肝心の植物が育たたないのでしっかり準備をします。

今回は「ジフィ―セブン」を培地にして、胞子培養を行いますが人によってはピートバン、ピートモス、バーミキュライト、ミズゴケ、ジフィーポットなどを使うこともあるようです。

ジフィ―セブン

私がジフィ―セブンを使う事にしたのは、SNSでジフィ―セブンを勧めていただいたことと、検索した時に他の方が色々な培地で実験した結果ジフィ―セブンの成功率が高そうだったことが理由です。

ジフィ―セブンを膨らませて使用するタッパごとレンジでチン!

使用する容器と培地を殺菌するために、レンジで加熱処理を行いました。

ジフィ―セブンは水を吸う事で5cmほどに膨らむので、まずは水を完全に含ませてから容器ごとレンジで加熱します。タッパはDAISOの蓋つきのもので密閉しやすいものを選びました。

ジフィ―セブン
このくらいだったのが、

ジフィ―セブン
5㎝位まで大きくなるので、容器を選ぶ時は高さのあるものを選びましょう!

荒熱が取れて常温に戻ったら、胞子を付着させていきます。

筆を使って胞子を付着させよう

ジフィ―セブンと筆
筆も胞子を広げるための容器も全て一度熱湯で消毒しています。

ビカクシダの胞子
胞子を白い陶器製の容器に広げてみると、乾燥して割れた鱗片(からのようなモノ)から小さくて黄色い粉のような胞子が出ているのが確認できました。

出来るだけ不純物を取り除くと良いと教わりましたが、この状態から胞子だけを取り出すのはかなり至難の業なので、ある程度胞子だけを選んで負けるように小さめの筆を使って胞子をすくい取るようにしました。

筆先ですくった胞子
細かすぎて見えませんが、結構な数の胞子がついてます。これをジフィ―セブンの上にトントンと振るうようにして胞子を落とします。

ジフィ―セブンと胞子
これで胞子を培地につける作業は完了です。あとは直接日光があたらずに比較的暖かい場所に置いておきます。我が家の場合はガラス温室内に置きました。

ガラス温室
ここからは湿度を上げるためと菌の混入を防ぐために蓋は開けず、しばらく経過を観察しようと思います。

まとめ

本記事では、ビカクシダの一種のP.alcicorneの胞子培養の過程をまとめました。

冒頭にも書きましたが、長期間にわたる挑戦になるので、随時更新しながら経過をお伝えできればと思います。

その都度変化があればInstagramでUPする予定ですので、ブログの更新よりも先に経過を知りたい方は是非Instagramをフォローしてください。